年賀状

毎年、年の瀬に書いていた年賀状は、蕎麦作りで忙しく年明けになった。

img_3857

年賀状を書く時期になると今年はどうしよう、と思うのだがなかなかやめられない。
年賀状も判で押したようなものが多くなり面白味はない。
でも、いただくと判で押したものでも、手に取ると顔が浮かんでくる。
止めても良いのだが、止めると縁が途切れるような気がして、なんとなく続けることになる。
今年もおおよそ100通の年賀状を頂いた。
で、手に取ってニヤニヤしている。

出す年賀状は、判で押したようなものはやめようと思い、少しでも筆を加えるようにしている。
おかげで、2日は徹夜をしてしまった。
白々と夜が明けるまで仕事をしたのは久しぶりである。
今日、やっと書き終えた。
今年こそは、年内に済ませるぞ!
と、決心するのは早すぎかな?

年末年始

年末年始はお寺で過ごす。

熱心な門徒ではない。

この3年、役目柄年末年始はお寺に通っている。

31日は除夜会という法座がある。

住職と一緒にお経をあげたあと、法話を聞き除夜の鐘を打つ。

毎年、延べ80人ほど集まる。

除夜の鐘を打った後は豚汁がふるまわれた。

昨年は、ぜんざいだった。

何をふるまうか、特に決まりは無いようだ。

1月1日は元旦会。

お経をあげた後法話がある。

これだけのことである。

これだけのことだが、今まで営々と続けられてきたことを思うと宗教の力を感じる。

帰りは、お寺が用意した手土産を持ち帰る。

今年は、筆立て、ワンカップ、スナック菓子。

一応、年末年始をお寺で過ごしたのでご利益があるかもしれない。

だが、残念ながら、浄土真宗は、ご利益を期待してはいけない。

では、何を期待するのか?

個人的には、死んでからどうなる、死ぬ前はどうする。

と、いうことを考えるところだと思っている。

 

 

 

 

収穫間近

5月に種を蒔いてから半年、大きな台風の直撃を受けることなく収穫の時期を迎えました。

10月一杯に収穫し、11月には新鮮なえごま油ができると思います。

今年は台風が多発し被害に合わないかヒヤヒヤでしたけど合わずに済みました。

露地栽培は自然との共存です。

共存できないと痛い目にあいます。

では、エゴマ油、楽しみにしていてください。

dscn0193

恐るべし中国

格安で中国の上海に行ってきた。

30年ぶりである。

同じ上海か、と思えるほど変わっていた。

昔の面影が全くなかった。

30年の間に飛躍的な発展を遂げたのがわかる。

新旧、清濁入り混じった上海。

博多に着いたら、やけに博多が田舎っぽく見えた。

中国恐るべし!!!

P1000334

 

ういちゃんの一日

ういちゃんに会うのは4日ぶりである。

家に行くとういちゃん夫妻ともいなかった。

エゴマ畑に入るかもしれないと思い見に行ったがいなかった。

昼過ぎ二人仲良くよそ行きスタイルで帰ってきた。

揃って病院に行ってきたとのこと。

昨日の農作業が祟って血圧が上がったいたとのこと。

元気すぎるのも良し悪しである。

ついつい、無理をしてしまう。

ほどほどにしてください、とやんわり伝えた。

P1000182

 

 

早朝から

ういちゃんはとても早起き。

今日は4時30分に起きて農作業をしたそうです。

その時間、私は夢の中でした。

午前中一緒に仕事したのですけど、もう、フラフラになりました。

昭和ヒトケタ世代恐るべし。

IMG_0164

ういちゃんの一日

朝5時に起きて田植えの準備をして、昼まで田植えをしたそうです。

昼からは植わってないところに捕植をして、3時ごろうどん工房を覗かれました。

ういちゃんの仕事っぷりを見ているととても80歳には見えません。

足腰はしっかりしているし、腕っぷしも強いです。

昨日同じ仕事をしたのですが、ついていくのが精一杯でした。

DSCN0210

 

 

震災以後頻繁に使われた。

辞書によれば「馬・犬・鷹等をつなぎとめる綱。転じて、断とうにも断ち切れない人のむすびつき」とある。

断とうにも断ち切れないものが無残にも震災で断ち切られた。

だから、震災以後声高に叫ばれたのだろう。

似たような言葉に『縁』がる。

断ち切られたものを結び付けるには、実体はないが縁が大切だと思う。

私とういちゃんの縁も妙なところから始まった。

IMG_4010

梅雨

沖縄は梅雨が明けたようです。

当地はこれからが本番です。

今日は雨の中エゴマの苗を定植しました。

DSCN0217

エゴマの葉は瑞々しく、独特の香りを放ちます。